「 シ ャ ン デ リ ア 」 追加公演。 08.22 大 阪 な ん ば H a t c h 。
8.22 な ん ば H a t c h

  シ ャ ン デ リ ア 。




・セットリスト・ 
 
・crack pot 
・内臓マイク 
・puppet talk 
・ナミダドロップ 
・讃美歌 
・メランコリック 
・名前のない花 
・37℃ 
・cage for rent 
・空中ブランコ 
・ナショナルキッド 
・センチメントマシーン 
・ダンスマカブラ 
・Ghost 
・怪物くん 
・夢の島 

・本日は晴天なり 
・ラストワルツ 

・ヘイト・レッド、ディップ・イット 
・サイコガーデン 




この日はチケ番が良かったので、下手の最前列をゲットできました。
思えばプラで最前は初めてで、アバラや背中はやばかったけど(かなりリスキーだった)、
なんといってもメンバー全員の演奏姿が見られたのが嬉しい。

心配してたギターの音もしっかり聞こえたし、太郎さんが「ただいま〜〜」と言ってくれたり、
リーダーはやっぱりワールドツアーがとても嬉しかったみたいで、
「こうして海外でライブができたのも皆のおかげです」ってリーダーらしいコメントをくれました。
アキラくんはフランスでフランスパンを食べるのが夢だったらしく笑、
それが叶ってご満悦のアキラくんに太郎さんが「何ニンマリしてんの笑」とつっこんでたり。
あとサンタクロースの本場フィンランドではトナカイに会って、その後トナカイさんの肉を食ったが旨かったとか。
リーダーに言わせると、「食ってこそ供養!」
京都で鴨を見た後に鴨ソバ食べた時と同じセリフですが、
きっといつも「供養!!」と言いながら色んな御馳走をいただいてるんだろうなと思うリーダー、やっぱりかっこいいですね。笑

太郎さんはもっとおみやげ話をしたそうだったし皆も聞きたそうで、
「あ〜でも曲やる時間がなくなりそうかな、どうしよう、どっちがいい?」って
そしたら「両方〜〜」とかいう声が上がって、
「えーとじゃあ両方…」って太郎さんも言うんで楽器隊が何かテケテケ弾きだして、
ちょっと話ながら歌をやってみようとした太郎さん。笑
やっぱ無理でした。

ステージショッピングはアキラくんがトリで、傑作なオチが用意してあって爆笑だったし、
リーダーも伝説ネタを披露してくれて、この日はかなり笑わせてもらいました。
大阪までメンバーは新幹線で移動してきたそうで、
リーダーは太郎さんの隣で仮眠してたらしいんだけど、
京都に入る前のトンネル内で「竜ちゃんおはよ〜」とかいいながら目を覚ましたそうで。
そしたらそれまで晴天だったのに、トンネルを抜けた途端、 どしゃぶりだったと(凄いやリーダー)。
「僕は京都が好きなんですけど、景色を見るの楽しみにしてたのに、もうなんにも見えなくてね」と凹んだ太郎さんと、
「そんな天気を操る能力なんかこんなね〜、俺みたいな一個人にあるわけないよ〜、…と思いつつ、あれ…?もしかして俺って…?とかね(ニヤリ)」とか言うリーダーが可笑しかった。

で、ライブのほうはベースがけっこう地味だったのだけ残念だったけど、演奏はかなり良かったです。
本編ラストは、
「ワールドツアーで得てきたものを、ここで皆にお返ししたいです。
 海外で会場がトランス状態になった曲、「夢の島」」と太郎さんのコメントで始まったこの曲ですが、
ヤバかったです。
シューゲイザーアレンジになってました。
『トロイメライ』の「雨ニ唄エバ」みたいな、あの感じ。
終わった後は放心状態で、ぼーと余韻に浸りまくりました。
めちゃくちゃかっこよかった。

二回目のアンコールでは、楽しみにしてた『シャンデリア』中一等お気に入りのあの曲のイントロリフを、おもむろに間をとりながら始める楽器隊。
なになにBGM?と思ってたら、袖から太郎さんが真っ赤な地に金模様の着物にお色直しして登場!
と同時に「ヘイト・レッド、ディップ・イット」がスタート!!
ヘヴィな音に乗って、真っ赤な着物でグルグル踊り狂いながら歌う太郎さんでした。

そしてラストはお約束の「サイコガーデン」
会場もメンバーも完全燃焼。
間奏では太郎さん、床に仰向けに倒れ込んで寝っ転がってたと思ったら、
なんていうやつですかあれ、逆ブリッジみたいな姿勢で足を上げてぴょいと起き上がるやつ、
あれで跳ね起きて、最後の煽りをして帰っていきました。


この日、メンバー皆ほんとにリラックスしててニコニコで元気で、楽しそうでした。
特に太郎さんが元気ではしゃいでるとこっちも何か嬉しくてほくほくしてしまう。
リーダーはヴィヴィアンの黒の靴下がさりげなく可愛かった。

あの後ろからの圧力はもう無理だよ!!と思ったけど、
リスキーな分、良い眺めだったし、いいライブでした。




home